<   2011年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ものを大切に・・・

活動先の子ども達。

決して裕福ではなく、ノートやクレヨン(各自用意)もある子とない子がいる。

それなのに、「ものを大切にしよう」という意識はあまりない。

クレヨンもボキボキ折るし、テキストだってみんなビリビリになってる。

もちろん、まだ小さすぎて、壊すのが好きな時期だったり、物の大切さを理解できない子どももいる。

けど、周りの大人も何も言わない。

言うとしても、

「子どもは壊すから与えないで!」

確かに大人側の気持ちも分かるんだけどね。

ますますの子ども達の選択肢は限られてくる。


だから、こんなものを作ってみた。

紙芝居「ものを大切に」
※絵の下手さには触れないでね(笑)

①あるところに、いたずらのとっても好きな男の子アイマン君がいました。毎日毎日いたずらばかり。
d0158245_20124690.jpg


②ノートだってこんな風にビリッ!
d0158245_20125418.jpg


③クレヨンだってボキッ!
d0158245_20125624.jpg


④ある夜、アイマン君が寝ていると、どこからか誰かの泣く声が・・・
d0158245_20125597.jpg


⑤目を覚ましてみると、破ったノートやクレヨンたちが泣いています。
「いたいよーいたいよー。こんなことをするアイマン君のところなんて嫌だ!!」
「もう、他の子どものとこをに行こう!!」
d0158245_20125360.jpg


⑥それを聞いたアイマン君は慌て言いました。
「待ってよ!待ってよ!ひどいことしてごめんね。これからは大切に使うから」
d0158245_2012535.jpg


⑦次の日、アイマン君は破れたノートと折れたクレヨンをきれいに直しました。
d0158245_20125426.jpg


⑧すると、ノートもクレヨンもにっこり。もちろん、アイマン君もにっこり。
これからは大事に使おうね。
d0158245_2012558.jpg



という感じです。

とってもシンプルだけど、小さい子にも分かりやすいかなってことで。
本当は、語学力がなくて、訳せないからなんだけどね・・・(^^;)

これを、フランス語にして(私なりに・・・笑)、いつも協力的な先生にお願いし、アラビア語にしてもらった。

主人公の男の子の名前も、一緒に考えた。

先生から「クラスにいない子の名前がいいね」という提案。

おうちで子どもが「○○君いたずらばっかりするんだよ」といっても誤解が生じないように。
絵本や紙芝居に触れる機会も少ないから、こういう誤解もあるよな・・・
と一人で作っていては気づかないことにも気づかされる。
そして先生の、子どもへの温かい配慮が嬉しかった。
先生、本当にありがとう。


「私も作りたい!」という先生の要望に答えて、お礼もこめて、もう一セット製作をお手伝い(下書きのみですが・・・)

絵本も紙芝居もない保育園だから、子ども達がどんな反応をするのか今から楽しみ♪
[PR]

by sachiko0220 | 2011-01-28 21:03 | 活動

会いたかったよ・・・

先週、健康診断のため首都ラバトに上がっていました。

モロッコ初の病院でドキドキでしたが、日本より注射も痛くなく、
あっという間に、無事終わりました。

あとは結果が異常なければ・・・と祈るばかり。
病院は極力いきたくない!!笑


さて、首都ラバトの最終日。

首都に住む、シニア隊員のNさんのお宅にお邪魔しました。
同期隊員に便乗し、急にお邪魔したのにもかかわらず、
私の分も、お昼を用意してくれました。

それが、こちら・・・

まず、おそばわーーい♪♪
d0158245_22361319.jpg

日本の皆さん、何がそんなに嬉しいの?って思わないでね。笑

日本から船便で送った荷物(日本食も含む)が行方不明となり、
日本食から遠ざかっていた私。
まさかこんなところで会えるなんて☆
会いたかったよ~(;;)

そして、他にも・・・
d0158245_22361778.jpg


鯛のお頭うしお汁
煮魚
ステーキ
ポテトサラダ
コールスローサラダ
ご飯

どれも、ほんとに美味しかったーー☆

さらに、ビールにワイン♪

お昼から贅沢すぎる~~~☆
嬉しすぎる~~~☆
と、素敵なひと時を過ごしました(^^)

そして、デザートに、
フルーツにフランス産チョコレート。

さらに・・・
d0158245_2236443.jpg

塩ようかん日本茶

ありがとうございます。

ちなみに塩ようかんは愛知産♪

Nさんの旅行のお話を聞いたり、写真を見せてもらったり、
首都の色んなお店の情報も教えてもらい、幸せな一日でした。

ちゃっかり、夜ご飯までいただいて。
d0158245_2236515.jpg

夜ご飯は、
鶏ねぎうどんほうれん草のナムル
お昼に散々食べたにも関わらず食べれてしまう、ほっとする味。

そして、モロッコでは入手困難な豚肉のサラミもいただきました♪
(イスラム教の国なので国内ではほとんど豚肉が手に入りません)
豚肉食べれるなんて~~~!!
と感動していると、
Nさんのご好意で、残りのサラミもいただけることに。

ほんとに本当にありがとうございました。

料理はもちろん、Nさんの人柄もとっても素敵で、
私も将来こんな風に温かく人を迎えられる人になりたいなと思いました。

Nさんの温かさと日本食パワーをチャージしてまた任地で頑張ります!
[PR]

by sachiko0220 | 2011-01-27 01:27 | 生活

今の私。

活動が本格的に始まって5ヶ月。

協力隊には色んな職種があるけれど、
私は、幼児教育。

何か決まった教科があるわけではなく、
活動としてはすごく広い。

モロッコに来るにあたって、
”こんな活動をしよう”と、なんとなく考えてきた。
でも、あとは現場を見てから考えようと。

でも、現場を見たら、あまりにも日本と違うことだらけで、
何をしていいのか、何を求められているのか分からなくなった。


手遊びや、体遊び、製作の紹介をしたりして、
活動らしいことはしていたけれど、それでいいのかが分からなかった。

だから、自分の活動に自信がなかった。
最終的に自分が何をしたいのか見つからなかった。

だから、すごく悩んだし、すごく焦った・・・

方向性が決まらず5ヶ月が過ぎていってしまった。


私は、考えるのが人より遅いから、
考えて考えて、
ようやく今になって、
自分なりのメインテーマができた。
我ながら、遅いけど。笑

それは、

「子どもが選べる環境を作る」

たったそれだけ!?って感じだけれど、私にとっては大きなテーマ。

保育園にいる間、ほとんど座っているだけも子ども達。
まるで小学校の授業のよう。
基本的に受身の姿勢。
先生に言われたことをするだけの日々。

でも、自分で選べる環境があったら、もっと楽しめるし、意欲的にできる。
だから、コーナー遊びのように、自分で好きなものを選べる環境を作りたい!

そのために、現地の人の協力は必須!!
でも、その必要性を理解してもらうところからスタートなので、
きっと時間も、労力もかかる。

結果的には小さいものになるかもしれないけど、
子ども達に少しでもそういう環境が提供できるといいなと思った。


他にも、年齢別の製作活動・共同制作・集団遊び・・・
そして大好きな絵本・紙芝居・ペープサートなんかもやっていきたい。

まだまだ、変えていくべきところはあるので、それらも平行して進めつつ。


それから、

保育園の先生や現地の人によく言われること、

「日本には色んな用具・教材があるからできるんだ・・・お金があるから。」

これを言われると、正直悲しくなる。

私は、そうじゃないって思う。
だから、形にして現地の人に納得してもらいたい。
今までも廃材を使ってやってきたけど、これからもそのスタンスは変えずに、
モロッコで、任地で作れるものを作りたい。

日本のようにきれいなものはできないけれど、子ども達が喜んでくれればいい。


これは、
毎日保育園に通って、じっくり観察できたから考えられたこと。
この5ヶ月も無駄ではなかったって今は思う。
そのときは焦りまくっていたけれど・・・笑

まだ、あと1年半。ここからいろんなことできるなと思うと、
今からわくわく♪♪

まあ、モロッコですから、決めたところで思ったとおりには絶対なりません。笑
そして、自分だけでは活動できません。
任地の人たちと、少しずつ話し合いながら進めていこうと思います。

今までは、自分の活動に疑問を感じている部分もあったので、
あまりブログに載せていませんでしたが、これからは、少しずつ書いていこうと思います。

日本に帰るまで、まだまだ山あり谷ありの活動になると思いますが、
皆様、どうぞ温かい目で見守ってください。
[PR]

by sachiko0220 | 2011-01-19 03:00 | 気持ち

またまた、あけまして・・・

みなさま、あけましておめでとうございます。





いやいや、もう聞いたよ・・・って感じでしょうが。笑
別にふざけているわけではなく。


今日は、ベルベル人(先住民族)の元旦なんです。



モロッコに来て、もう3回も新年を迎えちゃいました。

1回目、イスラム暦の新年。12月8日

2回目、西暦の新年。1月1日

3回目、今回のベルベル民族新年。1月14日

これだけ年越しをすると、なんだかありがたみ(!?)もなくなります。笑


ただ、このベルベル民族新年。
この日に、7つの食材を食べるという決まりが。

まるで日本の七草粥!!

ちなみに食材は、
小麦・とうもろこし・レンズ豆・ひよこ豆・いんげん豆・そら豆・かぶ(orにんじん)

豆多すぎっ!!て感じですが、モロッコ料理(とくに田舎料理)に豆は必須。
日本であまり食べなかった豆ですが、モロッコに来て好きになりました。

上の材料を、圧力鍋で煮るか、クスクス(極小パスタ)と一緒に食べる。
地域・家庭によって調理方法も違うみたい。

せっかくなので、日本にも七草粥って言うのがあってね・・・
と、つたないフランス語とアラビア語でモロッコ人にも説明してみました。


モロッコに来て日本とは違うことばかりだけど、
不思議な共通点を見つけてちょっと嬉しくなりました♪
[PR]

by sachiko0220 | 2011-01-15 05:14 | 生活

以心伝心!?

昨夜、
明日なにやろっかな~♪と考え、

りんご製作をしよう!と決めた。

それなら、おっきい木は必要だ。
あとは、年齢別(発達別)に、違うバージョンのりんごを作れるようにしよう。

夜中、いそいそと準備。

そして、今朝、いつものように活動先へ。

すると、先生がダンボールで何か作ってる。

んっ?・・・木??

先「さちこ~見て!今、木を作ってるの。
それでね、このあとりんごの絵に子どもの写真を貼って飾ろうと思ってるの」

おーーーーーっと。りんごの木ですか。
丸かぶりではないですか・・・


私「あのね、先生、実は私も今日りんごの製作をしようと思ってて・・・
   木も作ってきたの。」笑
・・・と言って、今日やろうとしていた製作を説明する。

なんか通じるものがあったのかな。と二人で笑いながら話した。
一度もそんな話してなかったのに。不思議だ。
ただの偶然なんだけど、以心伝心みたいで、なんかちょっと嬉しかった。

前に、日本の保育園の壁面の写真を見せたことがあって、それをヒントに作ってくれたみたい。
はじめてやってみたの!と嬉しそうに話す先生を見て、私も嬉しくなった。

先生は、ホントに飾るために作っただけなので、子供用の製作は用意しておらず、
私は、予定通り製作活動をすることになった。

本日、保育園に2本もりんごの木ができました。
d0158245_7302755.jpg
d0158245_7284481.jpg
[PR]

by sachiko0220 | 2011-01-14 07:36

Bonne Année 2011

皆様、あけましておめでとうございます。

昨年はお世話になりました。
2010年はたくさんの出会いがあり、たくさんの人に助けられた一年でした。

本当にありがとうございました

今年も、よろしくお願いします。


さて、モロッコでの初の年越しですが、
日本らしいことをしたかったのに、
9月に日本を出発した荷物が届かず。
年越しのために送ったそばも、まさかの船便のなかで年越し。

そのおかげで(!?)・・・

年越しそばも、おもちもないお正月。

日本人の私としては「ありえない・・・」って思ってましたが、
一生のうちで、こんな経験めったにできないかも。

・・・と、今思うと貴重なお正月でした。


イスラム圏でも、一応西暦の年越しもちょっとお祝いします。

いつものように、お呼ばれリレー。
招待されたご近所をまわります。

そこの便乗して、いつもお世話になっているモロッコ人にいつものお礼。

のりまき(作:まっちゃん)
d0158245_6455476.jpg

どらやき(作:私)
d0158245_6454671.jpg


モロッコ人の口に合ったかは・・・微妙。

まあ、喜んでくれたからいいか(^^)
気持ちが大事!と思うことにします。笑



初日の出。

d0158245_6454773.jpg

山に囲まれているため、日の出まで1時間待機。
家の目の前の羊スーク(羊が売られる市場)の門からみると、なんだかありがたい感じに・・・
太陽にパワーをもらって、今年もいい一年になりそうです。

2011年も、皆さんにとって幸せな一年になりますように。
[PR]

by sachiko0220 | 2011-01-04 07:05 | 生活