<   2010年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ショック。

今の私の活動先は2ヶ所の保育施設。

今日は、田舎のほうの保育園の日。

いつものように温かく迎えてくれる先生。
午前のクラスが終わり、いつものように先生のおうちでご飯。

フランス語が話せない先生なので、ほとんど何を言っているか分からない。笑


・・・けど、単語をつなぎ合わせて分かったこと。

先生:「私。12月31日。終わり。」(12月いっぱいで辞める)

私:えーーーーーーーーー。ウソでしょ(><)!?
  「どうして?」

先生:「うーーん、お金が・・・」

私:「少ない?」

先生:「うん・・・」



モロッコの保育園は教育省の管轄内でありながら、公立のような補助はない。

だから、子どもの数・月謝が先生の給料に直結する。

子どもからの月謝も先生が決める。

高すぎると子どもが集まらない。
低すぎると自分の生活が厳しくなる。

難しいところ・・・

特に田舎は、各家庭の収入も少なく、幼児の教育費にまわすお金も少ない。

現在、子ども一人15DH/月。日本円で約150円。
×23人(1クラス)で345DH。
先生の一ヶ月の給料は日本円で約3450円。
さらに、そこから諸経費も払わなければいけない。

確かに日本に比べて物価は安いモロッコだけど、
一日朝から晩まで働いてこれでは厳しい。


10月から本格的に活動がスタートして、3ヶ月。
この先生も新任。私も先生もはじめての事だらけだった。

家から8kmの距離を自転車で通った日々。
習ったことのないベルベル語に苦労した日々。

ようやく子ども達の警戒心もなくなってきたのに。
子ども達の名前も覚えてきたのに。


今日までやってきたことが一瞬にして全て消えてしまったようでショックだった・・・


しかも、お金の問題。
私もどうしようもない。

でも・・・
もう少し、私が頑張っていたら違っていたのか。
保育の楽しさとか大切さとかきちんと伝えていたら違っていたのか。

まだ、時間はたくさんあると思っていたから、
これからゆっくり伝えていけばいいや。って思ってた。
「今は地域に馴染む。言葉の習得。」と、のんびり構えてた。
保育について、デリージャ(アラビア語)で難しいことは言えないから・・・
と、正直、後回しにしていた。

だから、伝えていないことだらけ。
後悔が残る。
伝えられなかったんじゃなくて、伝えようとしていなかった。
・・・って今になって思った。

“さあ、これからだ!”って思っていたのは、私だけだった。
そう思うと、独りよがりの活動になっていたのかな・・・。

先生も、地域の人たちも
いつも本当に温かく迎えてくれた。

なにも返せないままお別れ。

申し訳ない気持ちでいっぱい。

先生が「さちこは私の妹だからいつでも家に来てね」と最後まで優しい言葉をかけてくれた。

そして、記念にヘンナ(ミソハギという染料で手足に模様を描くもの)をしてくれた。
d0158245_3114750.jpg

d0158245_312366.jpg



色々後悔もあるけど、ここから学んだこともたくさん。

そして、もらったものもたくさん。

次はそれをちゃんと返していきたい。


年が明けると、活動も新たなスタートになりそうです。
気持ち新たに頑張ります!
[PR]

by sachiko0220 | 2010-12-30 03:45 | 活動

アシュラ♪

今はアシュラという期間。
イスラム暦の新年(西暦で言うと12月7日)からちょうど10日目の今日。

朝、活動先に行くと、先生が子ども達にアメを配っている。

先生に聞くと、
この日(期間!?)は子どもが、お菓子やお金、プレゼントをもらったりできるらしい!
(日本でいう、クリスマスプレゼントやお年玉のようなもの!?)

よって、午後からのクラスは・・・
みんなが、もらったプレゼントを持ち寄って、ワイワイ♪

d0158245_4424695.jpg


いつもは、おもちゃなんて全然なくて、
勉強中心の子ども達も、今日は楽しそう♪


いつもなら「静かに!」と怒る先生も、
「それ、やらせて~」と子どもと一緒にはしゃいでいました。
みんなで合奏みたいに、ガチャガチャ・・・そして踊って・・・
d0158245_45184.jpg


もちろん、私も大人気なく全部やらせてもらう☆笑

なんだか、クリスマスとお正月がいっぺんに来たような、
子ども達にとって素敵な一日☆でした。

12月も中旬。、
忘年会とかやってるのかな・・・
我が家はクリスマスツリー出してるかな・・・
おばあちゃん達元気かな・・・
と、私も日本のクリスマスやお正月を思い出してしまう一日でした。
[PR]

by sachiko0220 | 2010-12-17 05:16 | 活動

ライードアドハ(羊犠牲祭)Part3

※Part1からご覧ください。

Part1、Part2は私の活動先の先生の家のみ。
その後も、ご招待は続きます・・・

17日(水)
午後、私の大家さんからご招待。
すでにおなかいっぱいのところに、お菓子&アチャイ(ミントティー)
そして、親戚一同で大合唱。大合奏。
日本人もなんかやれ!と無茶振りされ・・・
日本人4人で”踊るポンポコリン”を披露。
そして、記念撮影。
d0158245_111996.jpg


18日(木)
近所のお宅から招待(昼・夜)
昼:ケバブ(串焼き)・お菓子・アチャイ(甘いミントティー)
もう、無理・・・ってぐらい食べて・・・
最後にこれ↓
d0158245_11274457.jpg

山盛りの細いスパゲッティーに粉砂糖と、シナモンをかけたやつ。
なぜ甘くしちゃうんだー(心の声)でした。

夜:バグリール(パンケーキみたいの)+たっぷりはちみつ+たっぷりバター・カフェオレ

そして、記念撮影
d0158245_11274737.jpg



19日(金)
私の上司の奥さんの里帰りに同行。Fesへ
奥さんの実家で、お菓子・アチャイ(甘いミントティー)
d0158245_11275261.jpg

d0158245_11275730.jpg


・ケバブ(串焼き)
d0158245_1128020.jpg


20日(土)
この日は、アンビテ(ご招待)祭りでした!

朝、奥さんの実家 朝ごはん
    ↓
  奥さんの長男①
    ↓
  奥さんの次男②
    ↓
昼 奥さんの実家 お昼ごはん。
    ↓
  奥さんのおばさん宅
    ↓
  旦那さんの兄宅
    ↓
  奥さんのおじさん宅
    ↓
夜 奥さんの実家 夜ご飯。


この日は、超ハードスケジュールでした。
おまけに各家で、お菓子・アチャイ(甘いミントティー)・ケバブ(串焼き)は必須!!

せっかく出してもらってるんだから・・・と頑張って食べていたけど、
件数が多いだけに限界でした。汗
お腹はいっぱいでも、おいしいから食べれてしまうのも怖いところ。
そして、家によってちょっとずつ違うから食べてみたくなってしまう。

そして、その結果・・・
体重を久しぶりに量ったところ、
NTC前より+8キロ
衝撃でしたね。笑

日本に帰るまでには何とかします。
それより、これだけ甘いものと油っこいものばっかりで、病気にならないか心配です。

これが生まれたときから毎年あるモロッコ人は一体どんな体をしているんだろうと
不思議です。




今回のライードアドハ(羊犠牲祭)を通して、どこのお家もほんとに温かく迎え入れてくれて、
モロッコ人のやさしさを感じられた気がする。

途中、言葉も分からないし、緊張するしで、
疲れてしまい、
「もう、いいよ~~帰りたいよ~。泣」
と、思ったりもしたけど、
結果、行ってよかったと思う。
協力隊ならでは。旅行じゃできない経験だったと思う。

それに、こんな風に家族を紹介してもらえるってホントは幸せなこと。
日々、ちゃんと感謝して過ごそうと思います。
[PR]

by sachiko0220 | 2010-12-07 12:17 | 生活

ライードアドハ(羊犠牲祭)Part2

さて、続きです。

解体が終わると、次は調理
お肉は熟成したほうがおいしいので、この日に食べるは内臓。
さっきお腹から出てきた内臓たちをいただきます。

こちらは、肝臓と心臓
d0158245_10491998.jpg

そして、肺
d0158245_10492694.jpg


それらを茹でて小さく切っておきます。

そして、シヘマと呼ばれる脂肪も小さく切って・・・
d0158245_10493219.jpg


シヘマで内臓を巻いて串に刺します。
d0158245_10493827.jpg


それを外の網で焼きます。
d0158245_1049442.jpg



正直、羊だし・・・内臓だし・・・
まずかったらどうしよう。と不安でしたが
食べてみると・・・うん。おいしい♪
おいしくいただきました☆

お祭りなだけに、モロッコ人お得意の「食べろ攻撃」もいつもに増してすごく・・・
お腹いっぱい☆
・・・というより、胃もたれです。 笑
でも、幸せですね(^^)♪

もちろんお菓子もいただきました♪
d0158245_1057362.jpg


最後はみんなで記念撮影!
d0158245_10495786.jpg


**感想**
生きているものをいただいている。という事を忘れてはいけないと思った。
頭では分かっていても、実際に見るって全然違う。
自分が思っていた以上に衝撃だった。
だから、殺しされた羊は、捨てるとこなく、全てきれいに食べられる。
それが羊に対する感謝の気持ちなんだと思う。

そして、食べるために家族が協力する。
その姿もとても印象的だった。
みんなで力を合わせなければできないことばかり・・・
それぞれが自分のするべきことをする。できることをする。
この行事を通して、また家族の絆も深まるのかなと感じた。

この行事が年に一度あることで、忘れがちな大切なことを思い出させてくれる
機会になるのかもしれない・・・
私はイスラム教ではないけれど、こういう文化があるっていいな。と思った。
[PR]

by sachiko0220 | 2010-12-07 11:07 | 生活

ライードアドハ(羊犠牲祭)Part1

今回はライードアドハ(羊犠牲祭)という行事をご紹介します!
ライードアドハとは、イスラム教の人たちにとってすごく大事なお祭り。
コーランという聖書にも書かれています。
この日には、一家族一匹、必ず羊を殺さなくてはいけません。
そして、家族みんなでお腹いっぱいお肉を食べる。
というものです。
詳しく知りたい方はこちら↓
http://aurin.jp/ozisan/0109.htm

注意:ここから先は、お食事中の方、血が苦手な方はご遠慮ください。笑


11月17日(水)
活動先の先生のおうちで初の羊犠牲祭。

朝9:00集合。
家にはすでにお菓子が用意され、早くもお祭りモード。
朝のお祈りから帰ってきた、家長さん。
早速、羊をがっちりつかまえます。
d0158245_9384275.jpg


そして、ビスミッラー(神の名において・・・)というやいなや・・・
羊の首をカッと切ります。
でも、全部は切り落とさず、首がパカッと開いた状態。
d0158245_9385464.jpg


バタバタと苦しみもだえる羊。
“ゼーゼー”と息のようなセキのような・・・
その度に、首から空気と一緒に大量の血が・・・

衝撃過ぎて、写真をほとんど撮ってなかった。泣
というか、怖くて見れないよ~~~。

そして、静かになると屋上へ持って上がり、解体作業へ
女の人も関係なく手伝います。
d0158245_9391065.jpg


それでは、解体の様子を・・・
これを読めば、あなたも羊を解体できるはず!

①空気をいれ、皮と身の間に隙間を作ります。
d0158245_939406.jpg

えーーー。口で直接??
と、びっくりしていたら・・・
d0158245_9395288.jpg

今度は自転車の空気入れ。
何でもいいんだ。笑
空気の入った羊は、ボールのようにパンパンに・・・

②足を持って、お尻のほうから皮をはぐ
d0158245_9402231.jpg

細いナイフを使って少しずつ。

子ども達も、見守ります。
d0158245_940275.jpg

毎年見てたら慣れるんだろうな・・・

③頭と手足を切り落とす
d0158245_9405950.jpg


頭と手足は網で焼きます。
d0158245_94135.jpg


焼き上がり。
d0158245_1062861.jpg


④途中からは、吊るして皮をはぐ。
d0158245_9404034.jpg


私も少しお手伝い。
d0158245_9404344.jpg


⑤内臓を取り出す。
d0158245_941658.jpg


⑥内臓を洗う
d0158245_1061478.jpg


腸は全て開いて洗う。これが長いから大変。

これで解体作業は終了。
だいたい2時間くらい。

このあと調理が始まります。
・・・が長くなるのでPart2で。
[PR]

by sachiko0220 | 2010-12-07 10:01 | 生活