カテゴリ:気持ち( 17 )

再出発と2年間のまとめ♪

みなさま、お久しぶりです。笑

しばらく、久しぶりの日本を満喫していましたが、10月から仕事を再開します。
新しい仕事も楽しみながら頑張れたらいいなと思います。

さて、仕事が始まる前に最後のブログを書いておこうと思います。

2年間を振り返って。
ということで、JICAの隊員として過ごした日々をまとめておこうと思います。

時期によって、書いたり書かなかったりだったので、全体にさくっと振り返ります。
※自分の記録用でもあるので、かなり長いです。時間のあるときにどうぞ。


2010.4 二本松での訓練開始。
      フランス語を一から勉強。飛び抜けた個性を持つたくさんの仲間に出会う。
d0158245_21361185.jpg


    5 フランス語漬けの日々。集団生活もたのしくなって、毎日が充実していた。

    6 訓練を終え、モロッコへ旅立つ。モロッコ隊9名の一人として。
d0158245_21514423.jpg


    7 モロッコの首都での語学訓練とホームステイ。語学の大切さを痛感。新たなアラビア語の壁。

    8 任地リッシュに赴任。山と砂漠に挟まれた小さな町で生活をスタート。
      ラマダン(断食月)突入。文化の違いに驚愕の日々。

    9 活動開始。と思いきや、なかなか始まらない。
      全く予定が立たずヤキモキ。なにが普通なのかわからない毎日。

   10 活動が本格的に始まる。
      語学ができなくて生まれる誤解、伝わらないストレス。
      それでも可愛い子ども達に癒される日々。
d0158245_2224591.jpg


   11 突然やってくるイスラム行事。お祭りムードにテンションあがる。
     *羊犠牲祭ブログ参照

   12 活動も始まって3ヶ月経ち、なにも変わっていない現状への焦りと今後の方向性について悩む。
      低迷期。クリスマス、お正月ムードのない不思議な年末。 

2011.1 年が明けても低迷期。寒いから気分も晴れず。
      自分の活動のゴールが見えないまま、できる事を日々をしていく。

    2 先生とゆっくり話す時間を作る。
      現地の先生と、子ども達にとってどんな環境がいいのか話してあう中で、
      活動の方向性も固まっていく。
   
    3 いい意味でふっきれて、なんでもやってみようという気になる。
      先生も協力的で、活動が楽しくなる。低迷期脱出。
d0158245_21585990.jpg

     こんな風に私がやった活動をノートにまとめてくれる先生。
     私も頑張らなくっちゃ!と気合も入る。

      ※日本は東日本大震災が起こる。
       日本で起きていることなのに、実感がわかず、複雑な気持ちだった。

    4 モロッコの人たちが日本の復興を祈ってくれて、どこに行っても優しい声をかけてくれた。
      学校は春休みに入り、私も旅行でリフレッシュ♪

    5 来年度の活動を考え始める。
      活動先を増やす事を考え、色んな園を見学に行く。
      園によっては保育環境も様々で、それまでの自分の活動の小ささに気づく。

    6 一年目の活動が終了。
      中間発表の準備に追われ、フランス語のプレゼン作成に頭を悩ませる日々。
      キャラバンの準備も同時進行。

    7 教育キャラバンスタート。
      モロッコの色々な町をまわり、情操教育や健康教育、日本紹介のアクティビティーをする。
d0158245_22161647.jpg

      子ども達との交流も仲間と過ごした時間もほんとに楽しかった!
      
      中間発表も無事終了。
d0158245_22104140.jpg

      
      富士山よりも高いトゥプカル山へ登山!みごと登頂♪
d0158245_22111073.jpg

d0158245_221329100.jpg


    8 モロッコに来て二度目のラマダンを迎える。夏のラマダンはキツイ。
      水が飲めないのは無理!と私は3日でリタイヤ。
      夏休みを利用して任国外旅行も。

    9 新年度スタート。2年目もスタートはゆっくり。
      ゆっくりなスタートに慣れたので、もうヤキモキもしない。むしろ良かったりする。

   10 活動先が増えたので、1年目に比べて忙しくなる。
      忙しい方が生き生きして、充実した毎日だった。
      新しい園の子ども達も慣れてきて、活動先を増やして楽しみが増えた気がした。
d0158245_22232318.jpg

d0158245_2224010.jpg


   11 2回目の羊犠牲祭。
      お客さんではなく、家族の一員としてお手伝い。そんな変化が嬉しかった。

   12 二年目の冬。冬になると不調になるのか。
      生き生き活動していた夏に比べると、やる気が落ちているのを感じる。
      準備がギリギリで、活動に追われている感じ。

2012.1 子ども達も可愛いし、活動は楽しいのに、低迷期から抜け出せず。
      冬休みに入ったのをきっかけに他の隊員さんの任地へ行ったり、一人旅をしたり。
d0158245_2226659.jpg

      刺激になったり、自分と向きあえたり。新学期は新たな気持ちでスタート。
    
    2 同期隊員が帰国間近になり、自分自身の活動の最後を考え始める。
      変な焦りと不安にかられる。

    3 涙なみだの同期現職参加隊員とのお別れ。
d0158245_2227358.jpg


      自分の活動もラストスパート。
      焦りや不安はあるけれど、残された任期を楽しもうとやる気もアップ。

    4 任地で過ごせる時間を大切にしたいと思う日々。
d0158245_21565833.jpg


      子ども達、先生、近所の人たちが当たり前にいる生活の中にいると、
      日本に帰る事の方が不思議な気がした。

    5 後任が来ない事が確定。
      新規隊員で入っただけに、当然続くと思っていた活動が、ここで途絶えてしまうのは悲しかった。
      後任が来ないなら、どうしたら今の形を残していけるか考えながら、現地の人たちに引継ぐ。

    6 任地の人たちにお礼とお別れ。涙の中、任地を去る。
      ゆっくり余韻に浸る間もなく、帰国手続きに、最終報告とバタバタ。
      無事に帰国。
      *前回のブログ参照

      東京での帰国研修を終え、JICAとして活動した2年間が終了。

と、こんな感じの2年間でした。
毎日色々あったのに、終わってみると本当にあっという間。

日本に帰って、待っていてくれた人たちにも会ってきました。
おばあちゃんは、毎月出していた手紙を全部とっててくれた。嬉しかった♪
d0158245_21495490.jpg


本当にこの2年間で出会ったすべての人に、すべての出来事に感謝。
そして、無事の帰国を待っていてくれたみんなに感謝。

これで、モロッコ幸せ便りはおしまいです。
みなさん、今までありがとうございました*
[PR]

by sachiko0220 | 2012-09-30 22:45 | 気持ち

さよならモロッコ♪

モロッコ生活が夢のように感じる今日この頃。

日本の時間は二年前で止まっていたのではと思うほど、
気がつけば、すんなり日本に馴染んでいました。

少しさみしい気持ちもしたけれど、やっぱり私は日本人なんだなと思いました。

ただ、改めて気づかされる日本のすごさ。

乗り物が正確にやってくる。しかも次々くる!!
なんでも種類が多い。選べるってすごい。
ごはんが美味しい!!!なんでも美味しい。
接客が丁寧。至れり尽くせりすぎて感動。
緑。どこにでも緑がある。あぁ草木の香りがするー♪♪

と、なんだかんだ結構日々感動していますw
この感動も忘れないように書いておきました。

さて日本のことばかり書いてしまいましたが、
帰国前バタバタして書けなかったブログ書こうと思います。

<活動の最後>
◎お別れ会
先生と子ども達がサプライズでお別れ会をしてくれました。

子ども達から、歌と劇。
d0158245_034799.jpg


先生から、名前入りの大きなケーキをいただきました。
d0158245_035384.jpg


最後はみんなで記念撮影。
d0158245_04626.jpg


◎活動最終日
活動先の4園をまわって、みんなにお花のメダルをプレゼント♪
d0158245_043978.jpg

ひとつひとつ気持ちを込めて・・・

ただ、子ども達は私が帰国することを全然理解しておらずw
いつも通り「またね。バイバーーーイ」と笑顔で手を振ってくれました。

でも、この方がいいのかなと個人的には思います。


<任地生活の最後>
◎2年間住んだ町の人たちとのお別れ。
知らない人ばかりのこの街で、「さちこー」と声を掛けてもらえるようになった喜び。
仲良くなった人たちにお礼を言いに。

八百屋のジラーリさん
d0158245_0231535.jpg

牛・羊肉屋のムバラクさん
d0158245_0232139.jpg

鶏肉屋のアジズさん
d0158245_0231141.jpg


みんな、ほんとに温かい人たちでした。


◎大好きな同僚とお別れ
2年間ずっと一緒に活動してきた同僚の先生とのお別れ。
d0158245_029053.jpg

一番協力的で、一番信頼していたアミナ先生。
これからもずっと友達。

◎大好きな家族とお別れ
任地で寂しくならず、常に心の支えとして傍にいてくれた、ご近所さん。
最後の夜はこのお家でお泊り。

「忘れ物はない?」「ご飯は食べたの?」と最後まで・・・w
d0158245_029142.jpg


出発日早朝、大きな私の荷物を引きながらバス停まで30分歩く。

朝日の中を頼もしく歩くお母ちゃんの後ろ姿。
d0158245_029201.jpg

うまく表現できないけれど、すごく綺麗だった。

朝日に染まる任地の山や町並み、ひんやり清々しい朝の空気
・・・そして、お母ちゃんの背中。

なんだか、この光景は忘れられない。

最後はバス停で二人号泣。
寂しいとか、離れたくないとか・・・言葉にはできないくらい、ただただ涙がとまりませんでした。
でも、絶対に帰る。そう思える家族になりました。

バスに乗ること10時間。首都へ無事到着。

<モロッコ隊員としての最後>
◎最終報告会
モロッコ国家教育省での報告
d0158245_0293124.jpg

d0158245_0293130.jpg

JICA事務所での報告
d0158245_0293223.jpg

どちらも緊張したーーー(><)
でも、人前で話すのが苦手な私にとっては本当にいい経験でした。

◎送別会
他のモロッコ隊員さんが送別会を開いてくれました。
d0158245_0293275.jpg

素敵な送別会をありがとうございました!!!
本当に素敵な隊員さん、職員さんばかりで、出会えたことに感謝です。
これからも繋がっていたいみんなです♪

◎いざ日本へ
車に荷物を積み込み、空港へ・・・
d0158245_0294086.jpg

みんな、荷物がすごい事になっていましたw

無事に飛行機に乗り・・・
現実だとは分かっているけれど、実感が沸かない不思議な感覚の中、
モロッコを発ちました。

さよならモロッコ。


次回、この二年間のまとめでこのブログも終わろうと思います。
[PR]

by sachiko0220 | 2012-07-10 01:17 | 気持ち

帰国しました♪

日本時間 6月20日(水)PM6時ごろ。

無事帰国しました。

送別会をしてくれたモロッコ隊のみんな。
成田空港までお迎えに来てくれた同期のA隊員。
本当にありがとう(^^)

久しぶりの日本は、なにをするにも感動です。

コンビ二が素敵すぎます。
日本食が美味しすぎます。
接客が丁寧すぎます。

2年前当たり前だったことに感動できるこの感覚。
忘れたくないな・・・と思います。

まだ研修などがあってしばらくバタバタしますが、
時間を見つけてモロッコ最後に振り返りブログも書こうと思います。

研修が終わったら、日本のみんなに会いにいこうと思います♪
会えるのを楽しみにしています!!

とりあえず報告まで。
[PR]

by sachiko0220 | 2012-06-22 03:01 | 気持ち

明日

いよいよ明日、任地を離れます。

家の中もほぼ片付いて・・・
それでも、なんだか任地を出ることが信じられなくて。
ただの上京のような気がしてしまう。

ホントにバタバタした一週間で、ちゃんと考える暇もなく。
気づいたらもう明日・・・そんな感じです。

今、お世話になった先生や近所の人たちに手紙を書きながら、
今までの思い出を振り返ったり、
この生活、この環境がなくなるということを、少しずつ実感し始めています。

夜、
ふと外に出て、満天の星空。
「あ、これを見るのも今日が最後なんだ・・・」
と。
なんとかして写真におさめたい!!と、蚊と戦い、野犬に怯えながら、挑みましたが、無理でした。
この星空も忘れたくない任地の景色の一つです。

そんなこんなで、明日一日はどんなことも全てが最後になる一日。

どんな一日になるかはインシャーアッラー。

ちゃんとみんなに最後の挨拶できますように。

※最後の活動も上京したら写真付きでアップしたいと思います。
ちょっとネットの都合で写真がアップできないので・・・

では、また・・・
[PR]

by sachiko0220 | 2012-06-11 10:05 | 気持ち

残り☆40日☆

帰国まで残り40日となりました。

まだ全然実感がないのですが、着実にその日へ向かっています。


さて、現在。
最終報告にむけて、報告書を作成中。

自分の活動を振り返ってます。

色々考えますね。

結果ってなんだろう。とか
これで良かったのか。とか
もっとできることあったかな。とか

協力隊の活動に、正解!というものがないからかもしれません。

それがいいところだと思う反面、最後を迎えた今、少し不安になったり、焦ったり。
そんな感じです。

うーん、なんだか上手くまとまりません(^^;)

あと、若干フランス語に病んでいますw。
・・・が、頑張ります。

なんだかとりとめないブログですいませんw。
早く書類地獄から開放されたい(><)

以下、連絡**************

母へ
最近スカイプつながらないのは、モロッコの問題らしいです。
でも私は元気なので心配しないでね。
なにかあったらメールかmixiにお願いします(^^)
[PR]

by sachiko0220 | 2012-05-10 07:01 | 気持ち

22-1モロッコファミリー♪

今週月曜日、
2年間一緒に過ごした同期の現職隊員が帰国しました。

まだ、実感があるようなないような。
みんな、それぞれ任地にいるような。

そんな気分です。

この22-1モロッコという同期。
たまたま同じ時期、同じ国に派遣されることになり、
訓練所から任国生活まで同じ時間を過ごしてきた仲間。
だけど、現職隊員は新年度から仕事へ復帰するため、3ヶ月早く帰国します。

2年前の今はまだお互い顔も知らなくて、遠い場所にいて、全くの他人だった。
それが、それぞれの理由で協力隊を選び、何かの縁で引き合わされた。

これがはじめての会った日。
d0158245_35908.jpg

これがモロッコで会う最後の日。
d0158245_359293.jpg


同じ立ち位置で撮ってみました。
見た目はそれぞれ変わってたり、変わってなかったり。

けど、
はじめは細い糸だった、ただの縁が、
この2年で太い絆に変わった。

何ともいえない居心地のいい空間。
自然とでる笑顔。
お決まりのノリ。

楽しいことはみんなで楽しみ。
困ったときはみんなで助ける。
年齢も性格もバラバラだけど、奇跡のバランスでまとまっていた。

強いとこ、得意なこと。
弱いとこ、苦手なこと。

みんな尊敬してたし、頼りにしてた。
みんなだから見せれたし、受け入れ合えた。

決して、上手くいくことばかりじゃなかった活動も、
みんなが頑張っているから、自分も頑張れた。

集まったときには、ふざけていても、
任地に帰れば、みんな一生懸命活動して、
時に苦しみ、悩みながらも、頑張っている事をお互いちゃんとわかってた。

だから、なにがあっても恐くない。
任地は離れていても、いつもそんな安心感があった。
本当に私の家族だった。

そんな幸せがいつもあった2年間。

現地の人との出会いも、任地で過ごす時間も大切なものだけど、
この仲間との出会い、思い出も本当に大切なもの。

別れの瞬間。
いっぱい言いたい事はあったのに、
いざ去る姿を見ると、
涙が止まらず、結局何も言えなかった。

だからこの場をかりて、

2年間ありがとう。
本当にお疲れ様。
みんなが大好きです。

こんな風に思える人に出会え、
こんな風に思える時間を過ごせた事に
本当に本当に感謝。

現職隊員は、帰国してすぐ仕事。
きっと別れの余韻に浸るまもなく、日本の速さに飲み込まれていくんだと思う。
でも、私達がついてる事は忘れないでください。
きっと大丈夫!みんななら大丈夫!!

モロッコでの今日まで思い出はずっと大切な思い出。
モロッコでできたこの絆は今日からもずっと大切な絆。

これからも、ずっとずっとよろしくね。

みんな体に気をつけて、無理せずに。
また会える日を楽しみに。

ちなみに・・・
みんなのリーダー盛り上げ隊員からいただいたトレーナーをきて、
かわいい乙女なけん玉隊員からいただいた靴下を履き、
食いしん坊万歳のサッカー隊員からいただいた抹茶くず湯を飲み、
おしゃべり大好きオフロードバイク隊員の自転車を眺めながら、
このブログを書いています♪
(※注意:ほんとはみんな小学校・中学校教諭隊員です。)
なんだかほっとします。笑

私もあと3ヶ月。悔いなく、笑顔で帰国できるように活動頑張ります。
[PR]

by sachiko0220 | 2012-03-23 04:30 | 気持ち

*26*

今週月曜日、26歳の誕生日を迎えました♪

同任地隊員のCちゃんと、諸事情により隣町から来ていたSちゃんにお祝いしてもらいましたー(^^)
2人ともありがとう。

前回の旅行中、合流した同期からもサプライズでお祝いをしてもらいました♪
遅くなったけど・・・ありがとう(^^)

facebook、メール、電話でお祝いのメッセージをくださった皆さま、
ありがとうございました。

誕生日の度に、本当に素敵な人達に囲まれてるなーと気づかされます。
みなさま、本当にいつもありがとうございます(^^)

さて、26歳。
子どもの頃に想像していた26歳は、正直もっと大人だったように思います。w
こんなにも落ち着かないとは想像していませんでした。

でも、想像していたより楽しい毎日です♪♪


あと4ヶ月後には日本。

モロッコに来て5本ぐらいネジがゆるんでいるのでw
今から少しずつ、日本で適応していけるように締めていきたいと思います。

日本のみなさん、世界各国にいる同期のみなさん、日本で会える日を楽しみにしています。
モロッコのみなさん、あと少しモロッコ生活一緒に楽しみましょう。

26歳もどうぞよろしくお願いします(^^)

お父さんお母さん、産んでくれて、いつも見守っててくれてありがとう。
[PR]

by sachiko0220 | 2012-02-27 02:25 | 気持ち

充電♪

ブログ更新ご無沙汰していましたが、私は元気です。

学校が、学期末休みだったので、モロッコ国内をまわってきました。

まだまだ知らないモロッコがたくさんあって、違う国へ行ってきたようでした。

他の隊員さんの活動先を見せてもらったり、任地を案内してもらったり、
ガイドブックでは知れないモロッコをたくさん見ることができました。

おいしいものをたくさん食べて、いろんな景色に感動して、
はじめての体験をたくさんして・・・充実した旅行でした(^^)

これで、また新学期からの活動頑張れそうです。
こういう時間も必要ですね。
ばっちり充電できました♪♪

今回は一人旅の予定でしたが、途中いろんな隊員さんと合流できて、
一緒に旅を楽しむことができました。

任地で迎えてくれた皆さん、ありがとう。
一緒に旅してくれた皆さん、ありがとう。

明日は日曜日、全力で活動準備!!
そして来週から学校再開!久しぶりに子ども達に会えるの楽しみだな~♪♪
[PR]

by sachiko0220 | 2012-02-12 07:02 | 気持ち

モロッコの年末年始◎

もう年末なんですね。

モロッコにいると、クリスマスだとかお正月だとか・・・
自分で意識していないと、うっかり過ぎてしまいそうになります。

それくらい、イスラム教の国では何もない年末年始。

日本にいたら想像できなかったろうな…と思うと、本当に貴重な体験です。

さて、年越しは砂漠に行ってきます。
モロッコの砂漠で2012年の初日の出を見てきます。

いつからか毎年、初日の出は必ず見ています。
太陽がじわじわ出てくる感じ・・・あれが好き♪♪

太陽から一年分のパワーをもらっているようで…
初日の出を見ないと、その年が始まらない!
っていうくらい私にとっては大事なことです。笑

ちなみに、こちら2011年の任地で見た初日の出。
d0158245_4273886.jpg

山に囲まれてるので、太陽が見えるのにかなり時間がかかって・・・
寒かったなー(><)

それが今年は砂漠で053.gif053.gif
…と想像しただけで今からワクワクしています。

今年はモロッコで過ごす最後の年末。
普通の土日なので、かなり強行スケジュールですが、
楽しんでこようと思います(^^)

2011年、会えた人も会えなかった人も、
色々お世話になりました。
ありがとうございました040.gif

みなさま、どうぞ良いお年をお迎えください。

では、また2012年に・・・
[PR]

by sachiko0220 | 2011-12-31 04:32 | 気持ち

サンタさんから?

ちょっと前の話。
(ネットの調子が悪く更新できなかったので・・・)

クリスマスイブの日。

久しぶりに実家とスカイプがつながった。
最近スカイプの調子も悪く、まともに会話するのは2ヶ月ぶりだった。

元気なのはわかっていたけれど、やっぱり声を聞くと安心する。


父「おー!さっちゃん!元気か?これからちょっと出かけるから。体に気をつけて。ほいじゃな~」
・・・と、いつもの感じ。

母「今仕事終わったー。夜中の12時から行って、今までよ!!・・・で、みんなご飯食べた?」
・・・と例年通り。
ケーキ屋で働く母は毎年クリスマスこうなる。

あ~変わらないな。と、しみじみ。

なんて思っていると、

母「ねぇ、大学どこ受けたらいいと思う?」とはじまる。

今年は、
弟②が大学受験。
妹②が高校受験。

そんな結構大変な年(^^;)

それなのに、長女(私)・・・海外。
自由にやらせてもらって申し訳ない(><)

・・・が、海外にいることを忘れているかのように
受験校のことを真剣に相談してくる母。笑
ある意味うまくいっている。

そして、それぞれの近況を聞いて。
妹が彼氏とどうなったとか、パソコンが壊れて大変だったとか・・・
そんなどうでもいい話。

ふと気づくと、モロッコにいることを忘れていた。
なんだか日本に帰って、実家にいる気がした。

“離れていても心はつながってる”
・・・っていう言葉をたまに聞くけど、本当だな。って実感した。

距離にしてみれば、めちゃくちゃ遠い場所でも、全然遠くにいる感じがしない。
そんな家族のいる私は本当に幸せだなと思った(^^)

そして、その夜

夢に家族が出てきた。
ちなみに、なぜかタジン(モロッコ料理)を食べていた。

目が覚めたときも、まだ楽しい感じが残っていて、

「クリスマスの朝起きたら枕元にプレゼントがあった。」

そんな嬉しい気分の朝♪

これはサンタさんから?と、おもわずほっこりしたクリスマスでした。


最後、夢の話で終わるという・・・とりとめのないブログですいません。笑
[PR]

by sachiko0220 | 2011-12-28 11:05 | 気持ち