再出発と2年間のまとめ♪

みなさま、お久しぶりです。笑

しばらく、久しぶりの日本を満喫していましたが、10月から仕事を再開します。
新しい仕事も楽しみながら頑張れたらいいなと思います。

さて、仕事が始まる前に最後のブログを書いておこうと思います。

2年間を振り返って。
ということで、JICAの隊員として過ごした日々をまとめておこうと思います。

時期によって、書いたり書かなかったりだったので、全体にさくっと振り返ります。
※自分の記録用でもあるので、かなり長いです。時間のあるときにどうぞ。


2010.4 二本松での訓練開始。
      フランス語を一から勉強。飛び抜けた個性を持つたくさんの仲間に出会う。
d0158245_21361185.jpg


    5 フランス語漬けの日々。集団生活もたのしくなって、毎日が充実していた。

    6 訓練を終え、モロッコへ旅立つ。モロッコ隊9名の一人として。
d0158245_21514423.jpg


    7 モロッコの首都での語学訓練とホームステイ。語学の大切さを痛感。新たなアラビア語の壁。

    8 任地リッシュに赴任。山と砂漠に挟まれた小さな町で生活をスタート。
      ラマダン(断食月)突入。文化の違いに驚愕の日々。

    9 活動開始。と思いきや、なかなか始まらない。
      全く予定が立たずヤキモキ。なにが普通なのかわからない毎日。

   10 活動が本格的に始まる。
      語学ができなくて生まれる誤解、伝わらないストレス。
      それでも可愛い子ども達に癒される日々。
d0158245_2224591.jpg


   11 突然やってくるイスラム行事。お祭りムードにテンションあがる。
     *羊犠牲祭ブログ参照

   12 活動も始まって3ヶ月経ち、なにも変わっていない現状への焦りと今後の方向性について悩む。
      低迷期。クリスマス、お正月ムードのない不思議な年末。 

2011.1 年が明けても低迷期。寒いから気分も晴れず。
      自分の活動のゴールが見えないまま、できる事を日々をしていく。

    2 先生とゆっくり話す時間を作る。
      現地の先生と、子ども達にとってどんな環境がいいのか話してあう中で、
      活動の方向性も固まっていく。
   
    3 いい意味でふっきれて、なんでもやってみようという気になる。
      先生も協力的で、活動が楽しくなる。低迷期脱出。
d0158245_21585990.jpg

     こんな風に私がやった活動をノートにまとめてくれる先生。
     私も頑張らなくっちゃ!と気合も入る。

      ※日本は東日本大震災が起こる。
       日本で起きていることなのに、実感がわかず、複雑な気持ちだった。

    4 モロッコの人たちが日本の復興を祈ってくれて、どこに行っても優しい声をかけてくれた。
      学校は春休みに入り、私も旅行でリフレッシュ♪

    5 来年度の活動を考え始める。
      活動先を増やす事を考え、色んな園を見学に行く。
      園によっては保育環境も様々で、それまでの自分の活動の小ささに気づく。

    6 一年目の活動が終了。
      中間発表の準備に追われ、フランス語のプレゼン作成に頭を悩ませる日々。
      キャラバンの準備も同時進行。

    7 教育キャラバンスタート。
      モロッコの色々な町をまわり、情操教育や健康教育、日本紹介のアクティビティーをする。
d0158245_22161647.jpg

      子ども達との交流も仲間と過ごした時間もほんとに楽しかった!
      
      中間発表も無事終了。
d0158245_22104140.jpg

      
      富士山よりも高いトゥプカル山へ登山!みごと登頂♪
d0158245_22111073.jpg

d0158245_221329100.jpg


    8 モロッコに来て二度目のラマダンを迎える。夏のラマダンはキツイ。
      水が飲めないのは無理!と私は3日でリタイヤ。
      夏休みを利用して任国外旅行も。

    9 新年度スタート。2年目もスタートはゆっくり。
      ゆっくりなスタートに慣れたので、もうヤキモキもしない。むしろ良かったりする。

   10 活動先が増えたので、1年目に比べて忙しくなる。
      忙しい方が生き生きして、充実した毎日だった。
      新しい園の子ども達も慣れてきて、活動先を増やして楽しみが増えた気がした。
d0158245_22232318.jpg

d0158245_2224010.jpg


   11 2回目の羊犠牲祭。
      お客さんではなく、家族の一員としてお手伝い。そんな変化が嬉しかった。

   12 二年目の冬。冬になると不調になるのか。
      生き生き活動していた夏に比べると、やる気が落ちているのを感じる。
      準備がギリギリで、活動に追われている感じ。

2012.1 子ども達も可愛いし、活動は楽しいのに、低迷期から抜け出せず。
      冬休みに入ったのをきっかけに他の隊員さんの任地へ行ったり、一人旅をしたり。
d0158245_2226659.jpg

      刺激になったり、自分と向きあえたり。新学期は新たな気持ちでスタート。
    
    2 同期隊員が帰国間近になり、自分自身の活動の最後を考え始める。
      変な焦りと不安にかられる。

    3 涙なみだの同期現職参加隊員とのお別れ。
d0158245_2227358.jpg


      自分の活動もラストスパート。
      焦りや不安はあるけれど、残された任期を楽しもうとやる気もアップ。

    4 任地で過ごせる時間を大切にしたいと思う日々。
d0158245_21565833.jpg


      子ども達、先生、近所の人たちが当たり前にいる生活の中にいると、
      日本に帰る事の方が不思議な気がした。

    5 後任が来ない事が確定。
      新規隊員で入っただけに、当然続くと思っていた活動が、ここで途絶えてしまうのは悲しかった。
      後任が来ないなら、どうしたら今の形を残していけるか考えながら、現地の人たちに引継ぐ。

    6 任地の人たちにお礼とお別れ。涙の中、任地を去る。
      ゆっくり余韻に浸る間もなく、帰国手続きに、最終報告とバタバタ。
      無事に帰国。
      *前回のブログ参照

      東京での帰国研修を終え、JICAとして活動した2年間が終了。

と、こんな感じの2年間でした。
毎日色々あったのに、終わってみると本当にあっという間。

日本に帰って、待っていてくれた人たちにも会ってきました。
おばあちゃんは、毎月出していた手紙を全部とっててくれた。嬉しかった♪
d0158245_21495490.jpg


本当にこの2年間で出会ったすべての人に、すべての出来事に感謝。
そして、無事の帰国を待っていてくれたみんなに感謝。

これで、モロッコ幸せ便りはおしまいです。
みなさん、今までありがとうございました*
[PR]

by sachiko0220 | 2012-09-30 22:45 | 気持ち