環境づくり♪

今日、ふと教室を見ていて思ったこと。

「最初の頃と比べて変わったなー」と。

ちょうど写真の整理をしていたのもあり、比べてみた。

赴任当時
d0158245_3594843.jpg

d0158245_3594759.jpg

(見えにくいけれど・・・)壁に貼られていたのは、
アラビア語・フランス語・数字・曜日etc・・・
きれいに飾ろうという先生の気持ちは見えたけれど、
正直、保育園の教室としてはどうなのだろう・・・と思った。
そして、子ども達が使えるものは手の届くところに一切なかった。

「みて・きいて・さわって」の"さわって”が極端に少ないと感じたモロッコの保育所。

現在(やっぱり見えにくい?w)
d0158245_3594498.jpg


*教室には子ども達の作品がいっぱい♪
d0158245_3593982.jpg

自分の作品が飾られてると、子ども達は嬉しいし、やる気につながる。

*子ども達の触れるのもが増えた。
壁面も、ただの飾りでなく、日々使える教材として*
例えば「今日の天気はどーれ?」
d0158245_3595039.jpg


*子ども達が使えるよう、手の届くところに物が分類されて置かれてる。
d0158245_3594473.jpg

※注意)え!?汚いよ・・・って思わないでねw
最初は分類することもなかったから。
それに比べると、うん、先生頑張ってる!!
ちなみに箱は先生作♪♪かわいいでしょー

*自分で物を出して、終わったら元の場所に片付けるとこを知る。
d0158245_3594016.jpg

d0158245_3594414.jpg

今は、ボールも、はさみも、のりも・・・どこに何があるか分っている子ども達。
自分でなんでもできることは、子ども達の自信につながる。

子ども達が成長する上で必要な事は、保育者から学ぶだけではない。
そんな事を知ってもらえたら。
そう思って、少しずつ話し合って進めてきた。
急激に変わったわけではないので、自分自身もあまり変化に気づかなかったが、
今、比べてみると大きな変化だった。

私の活動といいながらも、先生の力が大きいと思う。
先生が協力し、やる気になってくれたからできたこと!!
でも、環境の大切さを理解してもらう。
その小さなきっかけになれたのは嬉しかった。

日本で勤めていた保育園では、
「何よりも環境が大事」
と、言われていたのを思い出した。

この環境とは、空間としての環境という意味だけではなく、
子どもをとりまく全てのもの。
つまり、保育者も環境である。と。

だから、いくら保育園だけで良い関わりをしても意味がない。
保育者自身が素敵な人間でなければいけないと。
心身ともに健やかで、人生を楽しみ、いきいきと生きる。
そんな人でなければならないと。

すっかり忘れていたけれどw、大事なことだなと改めて思った。
難しいけれど、そんなことも先生に伝えていけたらいいな。
[PR]

by sachiko0220 | 2012-03-31 04:44 | 活動